スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫遠征記vol.1 「夏休み2010超ダイジェスト その3」

8/27

この日は早朝にホテルを出発。函館駅で一足先に北海道を離れ帰路に就く後輩たちを見送った後、我々は札幌へ向かう「スーパー北斗」に乗り込みいざ札幌へ。

列車は国定公園になっている大沼付近を振り子を利かせながら駆け抜ける。

IMG_5571.jpg

ノルン「ほっかいどー、でっかいどー、なのですー」
蒼崎「ノルンどこで覚えてきたのそんなの」
ノルン「マスターのお母さんが言っていたのです」
蒼崎(あぁ、確かに行く直前そんなこと言ってたような……)

で、列車に揺られること3時間10分で列車は札幌に到着。
まず最初に向かったのは、


IMG_5592.jpg

クラーク像のある羊が丘公園。

ノルン「でも名前と違ってひつじさんはいなかったのです」
蒼崎「あ、羊がいたのは昔の話だから」

IMG_5615.jpg

折角なので北海道らしい風景をバックにパチリ。ちなみに奥に見えているのは日本ハムファイターズの本拠地の札幌ドームです。

そしてその後も札幌名物味噌ラーメンを食べたり……、

アリア「マスター、食べるの好きなの?」
蒼崎「うん(コクリ」

サッポロビールの工場見学したり、

IMG_5728.jpg

蒼崎「まぁ、俺ビールどころかお酒全然ダメなんだけどねw」
アリア「じゃあどうしてビール工場見に行ったのよ……」

旧北海道庁舎を見学して、

IMG_5810.jpg

ノルン「建物もお花も綺麗だったのです」
蒼崎「そうだな、綺麗だった」
アリア「いいなぁ……」

IMG_5816.jpg

札幌名物時計台も収めて、時間になったので札幌駅へ。

ここで北海道での最後の食事を駅構内の食堂で豪華に済ませた後、22時ちょうど発の寝台急行「はまなす」に乗り込みいざ帰路へ。


IMG_5904.jpg

ノルン「ますたー・びー・あんびしゃす!! なのですッ!!」
蒼崎「俺大志抱いてもろくなことならなそうだけどいいの?」

と、はまなす車内で昼に見たクラーク像のまねをするノルン。ちなみに左手は実は後ろに回るのが正しいと後に判明。しかもクラーク像の前で記念撮影してもらった自身もノルンと同じような手の位置に持ってくるという失敗を……。

アリア「やっぱりコンビネーション抜群だね」

というわけでこうして北海道での最後の日が過ぎていくのでした。

8/28

朝、数日前に聞いた青函トンネルの中を走る独特な音が途切れるところで目が覚める。ちょうど列車は本州に入ったところらしい。
てきぱきと準備をして5時39分青森着。
ここで一旦途中下車して駅近くの温泉で優雅に朝風呂をw

そして、再び駅に入場した後、五能線を回る「リゾートしらかみ」に乗り込みいざ南下を開始。

IMG_5966.jpg

途中津軽三味線の演奏会が開かれて、津軽三味線と民謡が列車のジョイント音とコラボするのを楽しんだり、

アリア「つがるじゃみせん?」
蒼崎「この地方に昔からある楽器さ」

IMG_5997.jpg

風光明媚な景色を楽しみながら約5時間かけて秋田に到着。

蒼崎「さぁ、ここから大変な耐久レースが始まる……」
アリア「耐久レース?」
ノルン「ここから夜までずーっと『どんこうれっしゃ』で移動したのです。……マスター、ところで『どんこうれっしゃ』って何ですか?」
蒼崎「知らんでアリアに教えよったんか……。まぁ……」

IMG_6101.jpg

蒼崎「こんなノンビリと走る列車のことだ。この駅なんか、列車のエンジン音と海の音と虫の声しかしなかったんだ」
アリア「へぇ……」

まぁ、大変になった理由のひとつに途中の食料調達に失敗したため夜の新潟到着まで少しの食料で食いつながなければならなかったからってのもあるけど……。

アリア「またマスターが原因なんだ……」
蒼崎「orz 何も言い返せねぇ……」

新潟到着は21時ごろ。その後食べたロイヤルホストのハンバーグがおいしかったこと……。

そして、なんとか燃料補給を終えて、今度は臨時の夜行快速「ムーンライトえちご」に乗り込む。
妙にギシギシと音を立てる車両を不気味に思いながらも、結局疲れてたので即眠りに就いたのでした。

8/29

いよいよ旅も最終日。

IMG_6177.jpg

朝5時11分に「ムーンライトえちご」は新宿駅に到着。そそくさと折角なので記念写真を撮るが、休日&早朝とあって人が少ない。こんなに人がいない新宿駅ははじめて見たと思う。

で、移動して今度は東京駅から「のぞみ」に乗り込み一路博多へまっしぐら。

やはり「ムーンライトえちご」の車内ではぐっすり眠れなかったか、軽くリクライニングさせたら新横浜発車後から名古屋発車後までの記憶が抜け落ちてましたw

列車は約5時間で博多に到着。その後、乗りなれた「かもめ」と大村線の列車を乗り継いで無事に大村駅着。

これで総走行距離4,812.2km、JR四国以外の全旅客会社を使った25都道府県を駆け抜ける旅が終わったのでした。

アリア「4,812kmって、旅では長い移動距離なの?」
蒼崎「まぁ、鉄道だけ使う旅だと普通じゃないね」
アリア「へぇ~、凄いことやるんだ、マスターって」
蒼崎「まぁ、凄いってほどじゃないけどなーw」

9/5

この日、1ヶ月半過ごした実家から普段の自分のアパートへ戻ることに。

ノルン「マスターがはじめて飛行機に乗せてくれたのですー♪」
蒼崎「まぁ、飛行機のほうが鉄道より早いからね」

IMG_6236.jpg

アリア「ホントだ、空の上だ」
ノルン「空から日本を見たのですー」
蒼崎「そんなタイトルの番組あったねテレビ東京に」
アリア「マスター、今度遠くに出かけるときには、あたしも連れてってね」
蒼崎「もちろんさ」

というわけで、大変にやっつけではありましたが、これにて夏休み超ダイジェストは完、ということで。

蒼崎「お粗末さまでした(ペコリ」
ノルン「なのです(ペコリ」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。