スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫遠征記 vol.1 「夏休み2010超ダイジェスト その2」

さて、ちょっと間が開きましたが今年の夏休みのダイジェスト、つづきます。

8/24

さて、この夏のメインイベントである「日本縦断×2の旅」へ出発。
実家最寄り駅の長崎・大村駅を出発し、
大村→大村線→諫早→かもめ→博多→ひかりレールスター→新大阪
ととりあえずサクサクと新大阪へ

ノルン「ホントにサクサクッ、なのです……」

一旦新大阪で途中下車したあと、夕方の寝台特急「日本海」の出発まで時間があるので、しばらく途中でたまたま合流したサークルの後輩と共に駅で暑さをしのいだあと大阪観光。

まずは一度行っておこうと思っていた弁天町の交通科学博物館をササーッと見て回ったあと、本来なら余裕を持たせて戻ればいいものの、通天閣へ。

IMG_4887.jpg



そして見るだけにしておけばいいものの登ってばっちり観光して、さぁ時間がないから行くぞ、と出たところで見事に道に迷うorz

アリア「……ダメダメじゃない」
蒼崎「orz」
ノルン「アリアちゃんあまり触れないであげてほしいのです……」

まぁ、そこに現れた大阪のおばちゃんのおかげで何とかなったんですがね。おばちゃんありがとう。

で、ほうほうの体で何とか日本海に乗り込み、一路青森へ。

列車は序盤は順調に進んでいたものの、途中から列車の遅れに巻き込まれはじめ遅延が15分に。

「まぁ、何とかなるでしょー」

とノルンや同乗しているさっきの後輩くんとしゃべった後、

IMG_4933.jpg

ノルン「明日はいよいよ北海道なのです、楽しみなのですー」
蒼崎「そうだな」

とまったりしつつ就寝したのだった。

8/25

翌日。前回のサンライズと同じく予定より早く目がさめる。

で、ぼんやりとメガネをかけて外を眺め、ふと思い立って窓の外に立つ駅名板と時刻表を見比べると、

「え゛、遅延40分!?」

そう、我々が眠りに就いた後大阪出発前に聞いていた天気予報が見事に当たって大雨に巻き込まれ、一時運転見合わせと徐行運転で遅れが回復するどころか増大するという事態に。
こういうときに限って、次に青森から乗る函館行きの「白鳥」の指定席を押さえていたりするからさぁ大変。
車掌さんに申告すると、遅れは取り戻せるだけ取り戻すがダメなときは後続の列車の座席を押さえているとのこと。

結局、遅れはほとんど回復しないまま青森に到着。JR側が押さえてくれた「スーパー白鳥」の指定席に収まって、生まれてはじめての青函トンネルへ。もうすでに新関門トンネルを通過済みだけど、正直通過するまで妙に緊張してました(苦笑

アリア「なんで緊張?」
蒼崎「いやなんとなく、ね」

そして、トンネルを抜ければそこは北の大地北海道!!

蒼崎「北海道に!!」
ノルン「来たのですー!!」

アリア「コンビネーション抜群だね、ふたりとも」

12時過ぎ、列車は無事に函館駅に到着。総移動時間、ここまでで早くも29時間。

函館到着後、荷物をコインロッカーに預けたあとはまずは腹ごしらえ。函館市場近くのお店で海鮮丼をいただく。超美味かった。

そして、折角来たので見ておきたかったのが、

IMG_5113.jpg

アリア「これは?」
蒼崎「五稜郭だよ。昔の要塞だね。歴史の教科書には大抵載ってるよ」
アリア「へぇ~」

今回は時間に余裕があったのでゆっくりと観光できました。

その後、今回はサークルの合宿で来てるのでそのメンバーと合流してホテルへ。疲れてはいましたがそんなの無視して夜も写真撮ってましたw

8/26

この日は所属する鉄道研究部の合宿のメインである函館市電の車庫見学!!

ここの担当の方が非常に優しい方で、いろいろなところを見せてくれたり触らせてくれたりさせてくれました。おかげで見学時間が倍の2時間になりましたがw

で、その後は……

アリア「ねぇ!! それだけテンション高いのにマスターその話それだけで終わらせていいの!?」
蒼崎「まぁ、いろいろと『大人の事情』ってものがあってだな……」
ノルン(……超ダイジェストだから仕方がないのです……)

午後からはサークルの同級生とともに五稜郭駅で撮影のあと、函館市内を散策。

IMG_5494.jpg

ここは観光名所の八幡坂。なんだか雰囲気は故郷・長崎っぽい。

そして、ぶらぶらと街を散策したあと、サークルメンバーみんなで、

IMG_5546_3.jpg

アリア「綺麗……」
蒼崎「こr……」
ノルン「函館山からの夜景をマスターが撮ったのですー」
蒼崎「人のセリフ奪わんでくれ」

ガスってましたけど、そんなことどーでもよくなるくらいに綺麗な景色でした。

さて、あちこち歩き回って夜にホテルへ帰還。
この日をもってサークルの合宿としては終了。翌日からは再び独自行動での旅。

疲れたし、身体休めなきゃ……、と思ってたら、

IMG_5287.jpg

ノルン「Zzz……」

同じくお疲れだったようでした。

(その3へ続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。