スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫日記その28 「チーム完成?」

ある日の夜。

IMG_4963.jpg

アリア「あたし専用のレースバイク、早く来ないかなぁ・・・・・・」

ノルン「マスターがあちこちをいいマシンを探して回ってるみたいなのです」

アリア「だからあんまり『はやくはやく』とも言えないし・・・・・・。早く見つからないかなぁ・・・・・・」

蒼崎「アリア。マシン、届いてるぞ」

アリア「えっ? ホント!?」

はい、ノルン専用マシンに続いてアリア専用マシンがTEAM BLUE ONE RACINGに届きました。


IMG_4967.jpg

今回、チームがアリアのために用意したのがホンダのMotoGP参戦マシン、RC212Vの07年仕様です。
このマシンはホンダのワークスチームである「レプソル・ホンダレーシング」から前年のチャンピオンであるアメリカ人ライダーのニッキー・ヘイデン選手がライディングしたものです。フロントカウルに描かれたゼッケン「1」がディフェンディングチャンピオンのマシンであることの証です。

IMG_4969.jpg

アリア「ん? このマシンニッキー・ヘイデン選手のマシンなの?」

蒼崎「あぁ、そうだけど」

アリア「それじゃあ今年のドゥカティワークスチームのコンビだね、この並び。ほら、ノルンのマシンがロッシのマシンで、あたしのマシンがヘイデンのマシン」

蒼崎「あ、あぁ、ホントだ」

アリア「って気がついてなかったんだマスター」

蒼崎「いや、ヘイデンっていうとゼッケン69って覚えてたから・・・・・・。とりあえず、チャンピオン取ったかチャンピオンが乗ってたマシンにしようって条件で探してたからさ・・・・・・」

ノルン「意外と条件が厳しかったのです・・・・・・」

それだけいいマシンを与えようと苦心してたのだよ君たち。

IMG_4970.jpg

リアはこんな感じ。RC212Vのマフラーはエンジンを覆うカウルの下の部分から出るようになってます。

IMG_4973.jpg

アリア「1番のゼッケンって、やっぱりいいね!! でもさ、ウチのチームのバイクのエースはノルンって言ってなかったっけ? いいの、あたしがこのゼッケンつけても」

蒼崎「一応ノルンはエースだけど、ウチはエースとセカンドってチーム体制にする気は当初からさらさらなかったからな。ウチのバイクチームはノルン・アリアのダブルエース体制!! 何かご不満?」

アリア「何言ってるのマスター、不満なんてあるわけないでしょ? 任せておいてよ、絶対にいい走り見せてあげるから!!」

その威勢のいい言葉を待ってました。

IMG_4976.jpg

というわけで、早速跨ってみて記念撮影。

蒼崎「どうだ? 自分専用のレースマシンを手にした感想は」

アリア「最高!! 絶対いい走りしてみせるぞ!! って気持ちが湧いてきたよ」

とご満悦なアリア。

IMG_4979.jpg

写真を撮った後、スッと身体を屈め、走るときのポジションを取ったアリア。真剣な目がアリアのやる気を表してました。さすがウチの神姫。

さて、最後にチームの体制があらかた出来上がったことを記念してライダーとその愛機の記念写真を・・・・・・、

IMG_4981.jpg

パチリ。

こうして、TEAM BLUE ONE RACING初めてのレースに向けた体制が出来上がったのでした。

IMG_4983.jpg

ノルン「これで準備が整ったのです。テストをしっかりとやって、レースをしたら絶対に1番を取ってみせるのです!!」

アリア「それはあたしのセリフよ♪ 1番はあ・た・し!!」

ノルン「レースをやればそれはわかるのです!!」

アリア「そうね、楽しみにしてるから♪」

モータースポーツでは、チームメートが一番のライバル。こうやってお互い切磋琢磨していくわけです。

そうやって切磋琢磨するのを楽しみにしながら、仲のいいふたりの会話を聞いていたのでした。

ノルン・アリア、今度テストに行こうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ、ワンフェス前にアリアさんのマシンも間に合って何よりですなー!
苦心の末に探し当てられただけあって、搭乗姿もカックイイ…
この分だとテストの記事も近々あがりそうですねw 楽しみにしてますわ!

No title

>烏丸 賽さん
とりあえず間に合ってよかったですよー。
今回のマシンの調達は、結構条件を絞って厳選したものですから難航しまして、ノルンのマシンも大変だったのですがアリアのマシンのほうも予想以上に難航しまして、ようやく在庫があるホンダのディーラーがやっているグッズを扱ってるお店から入手しました。いやぁ、一時期は「これもしかしてWFまでに届かないんじゃね?」と心配したものですw

とりあえずWFオフまでには利根川河川敷特設テストコース(仮名)で1回テストをしてからオフに臨もうかと思ってます。最大の問題点はこの暑さですが・・・・・・。

No title

おぉ、カッコいい。
うちは乗り物に乗らない子達なのでこういうの憧れます。

あ、こちらでは初めましてKARUPAです。
リンクの方追加させていただきました!

No title

>KARUPAさん

こちらでははじめまして!!

お褒めのお言葉光栄です!! うちの子たちは他の皆さんと違って乗り物専門になってるんでw まぁ、それがウチの特色でもあるのですが。近いうちにテスト走行に行ってきます。

あと、リンクありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。