スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫おでかけレポートvol.5 「『今日、ロマンスカーで』箱根へ神姫とロマンス(?) な日帰りの旅・その1」

今年も到来したゴールデンウイーク。
ゴールデンウイークという単語を聞けば、どこかへ出かけたくてたまらなくなるのが私蒼崎の心理。

ノルン「それは私もなのです~♪」

蒼崎「はいはい」

というわけで前半から近所の映画館に映画(SP革命編)を見に行ったりサークルのメンバーで房総方面へ鉄道の撮影に出かけたり(このときは神姫たちは帯同せず)と飛ばしまくり。

そして、GW後半もまだまだ出かけるのが蒼崎流。疲労蓄積お構いなしで次の目的地を設定です。

そして決定。

「今日、ロマンスカーで。北千住から、箱根へ」(←小田急のCMキャッチコピー。CMでは新宿から)

というわけで、5/4、小田急ロマンスカーを使って日帰りで箱根へ行ってきました。

IMG_3796.jpg


今回の旅の始まりは新宿ではなく東京メトロ千代田線の北千住駅から。端っこに写っているのは千代田線の6000系。
普段はこのホームにはこのような通勤電車群しかやってきませんが・・・・・・、

IMG_3799.jpg

普段は「代々木上原」「唐木田」といった駅名が出てくる行き先表示に突如出てくる「箱根湯本」の表示。この時点で十分に違和感が仕事をしております。
今回往路乗車する「メトロはこね」は、50年以上の歴史を持つ小田急ロマンスカー史上初の「地下鉄に乗り入れるロマンスカー」なのです。

IMG_3803.jpg

そしていよいよロマンスカー60000形"MSE"充当の「メトロはこね21号」が入線。「フェルメールブルー」という名称を持つ美しい青色で彩られた流麗なラインを描くボディが一気にホームの雰囲気を変えます。

アリア「綺麗な色だなぁ・・・・・・」

ノルン「かっこいいのです♪ 楽しみなのです♪」

ティア「マスター、写真もいいですがそろそろ乗らないと・・・・・・」

IMG_3805.jpg

というわけでいざ乗車。
千代田線内の乗車駅では一部のドアだけを開けて特急件を確認のうえ乗車し、いよいよ発車です。

IMG_3810.jpg

こちらがそのMSEの車内。しっかりとしたカーペットやシートが並ぶ客室は高く間接照明でおしゃれに彩られまさに「ロマンスカー」といった雰囲気。
車内は騒音も小さく却ってゲーム機の音などが気になってしまうくらい。
今回、千代田線内では隣が空いていたので、

IMG_3820.jpg

蒼崎「はい、チーズ!!(カシャッ」
せっかくなので車内で記念撮影。

アレニア「列車の中っておしゃれなんですね~♪」

ノルン「今まで乗ってきた列車の中でも一番におしゃれな列車なのです」

ティア「そういえば、ノルンはこの中で一番たくさん列車に乗っていましたわね」

アリア「北海道まで行ってるからねぇ」

蒼崎「ちなみにこの『ロマンスカー』という名称はだね、"見知らぬふたりが隣り合った席に座って、箱根などへ向かう車内で『ロマンス』が生まれるように"という意味が込められているのだよ」

アレニア「マスター!! ロマンスが生まれるのって知らない人同士限定なんですか~?」

蒼崎「知っているもの同士は、もっとロマンスを生めばいいのさ(キリッ」

アリア「マスター、今顔全体から『いいこと言った~♪』って感情ダダ漏れしてるよ♪」

蒼崎「大丈夫、理解してる!!」

さて、今このシートでは一般的に言うロマンスは生まれてるのかな? かな?



で、列車は代々木上原から小田急小田原線へ。

IMG_3827.jpg

途中町田で乗車してきたおばあさんと旅行にまつわる話に花が咲いている間に列車は小田原に到着。

アリア「マスターはホントすぐに打ち解けられるよね~。すごい楽しそうだった」

それが僕の特技です!!

今回は箱根湯本までの切符が取れなかったためにロマンスカーは途中の小田原までの乗車です。
隣には東海道仕様のE233系が停車中。

IMG_3833.jpg

2009年に鉄道友の会が選出するブルーリボン賞を受賞した記念のロゴと「がんばろう日本」のロゴが添えられたMSEのロゴ。
小田急はロマンスカーの特急料金を被災地へ寄付してくれるそうです。ただの旅行で僅かながらに支援が出来るっていうのはいいですね。

アレニア「あの、私たちの切符って・・・・・・」

ノルン「神姫は切符はいらないのです」

アレニアははじめての電車の旅だからな。

IMG_3834.jpg

向かい側に停車していた新宿行きの50000形"VSE" このときは復路はコレに乗って帰るんだ♪ とわくわくしていたものです・・・・・・。

アリア(今日もマスターにフラグが立っていくのね・・・・・・)

IMG_3836.jpg

小田急小田原駅のホームはとても開放的な構造。ここで箱根湯本行きの電車に乗り換えますがあまりの混雑に1本パス。このあたりからだんだんと嫌な予感が・・・・・・。

IMG_3849.jpg

途中の風祭駅で箱根湯本からのVSEと交換。ここ箱根登山鉄道線内ですが走っているのは小田急車のみという不思議。現在はバリアフリーと輸送力の関係から小田急車のみの運行なのだそうです。

IMG_3852_20110510183251.jpg

そのため3線軌条は若干さびてました。一応箱根湯本の先に車庫があるので回送列車は走っているみたいです。

ノルン「いつもと違って線路が3本あるのです」

蒼崎「線路幅が違う小田急と登山電車が一緒に走れるようにするための工夫さ」

IMG_3854.jpg

そして、ようやく箱根湯本に到着ー。ここまで乗車したのは箱根登山鉄道カラー(正確に言うと姉妹提携のスイス・レーティッシュ鉄道カラー)の1000形。とりあえず気分だけでも箱根登山鉄道。

IMG_3857.jpg

「ようこそ箱根へ」の看板に心躍らせるのもつかの間、

IMG_3859.jpg

一同「うわぁ・・・・・・」
その躍る心を見事に砕くこの混雑・・・・・・。一瞬このまま帰ろうかと思っちゃいましたよ。
ごめんなさいGWの箱根嘗めてました・・・・・・。

IMG_3874.jpg

登山電車を待つ人の列。待ち時間45分。
もはやテーマパークのアトラクション状態。

蒼崎「でもここまで来たら後には引けない!! 行くぞ、箱根!!」

一同「おぉー!!」

というわけでなんとか乗り込み列車は箱根を登ります。

(その2へつづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。