スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫日記その23 「おかいもの」

蒼崎「ただいま~」

ある日の夜、外出先から帰宅。着替えた後に荷物の中からごそごそと何かを探す。

蒼崎「ティア、アレニア、今日はおみやげがあるよ」


IMG_2805.jpg

まず新入りのアレニアには新しい服を買ってやりました。髪の色に合わせて黒系のシックなものにしてみました。

蒼崎「服のデザインはティアのものと一緒だよ」

ティア「あら、ほんとね。よかったわねアレニア、とてもよく似合ってるわ」

アレニア「ほ、ホント!? うれしいな……。マスター、この服似合ってますか?」

蒼崎「あぁ、そりゃ似合いそうなものを吟味してきたからね」

喜んでくれたようで何より。

蒼崎「それと。はい、ティア」

IMG_2796.jpg

ティア「これは、バイオリン……、ですよね?」

蒼崎「そう、バイオリン。君にはバイクなんかの乗り物系よりも楽器系が似合いそうな気がしたからね。バイオリンとか優雅でしょ? 気に入ったかい?」

ティア「はい!! とてもうれしいです!! がんばって練習してマスターに演奏を聴いてもらえるように精進いたします!!」

こちらも気に入っていただけたようで何より。

アリア「ところでマスター、バイオリンって演奏したことあるの?」

蒼崎「……ない」

ティア、悪いけど練習は自分でがんばってください。




それから十数分後。

IMG_2811.jpg

アレニア・ティア「(キャッキャウフフ)」

ノルン「なんだかあの二人、とても楽しそうでちょっと入りにくいのです……」

アリア「でもこのままだといつまでたってもあの中に入るチャンスさえ掴めなさそうな雰囲気だから……、ちょっと入ってみようか」

ノルン「そうですね……」

IMG_2792.jpg

アリア「よく似合ってるじゃない。そのワンピース。ティアお姉ちゃんと同じデザインのものを選んであげるなんて、マスターもたまにはしゃれたことするんだね~」

アリア、完全に聞こえてるぞ。

ノルン「ティアちゃん、弾けるようになったら聴かせてほしいのです」

ティア「もちろんよ、楽しみにしててね」

とりあえず、皆さん楽しそうで何より。

これからも仲良く頼みますよ、皆さん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。