スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

我がTEAM BLUE ONEの主力部門、セクションSに所属する神姫たちをここに紹介しましょう。

※ここに記載されている内容は、予告なく加筆・変更されることがあります。




IMG_9597.jpg

ノルン・K・アルトレーネ(Norn.K.Altlene)
TEAM BLUE ONE RACING レギュラーライダー(YAMAHA YZR-M1 #46)
愛車:SUZUKI GSX-R1000(K9)

蒼崎を一目惚れさせ、武装神姫の世界へ導いた記念すべき最初で最愛のパートナーであり、マスターの認める正式な「嫁神姫」。

「戦乙女」とはいうものの、普段はマイペースで天真爛漫、そしてちょっぴり天然(これはマスター似なのかもしれない)な子である。
しかしいざ武装を身に纏えばスイッチが切り替わり、精悍な白兵戦のスペシャリストとして頼もしく戦ってくれる。
そして、例え武装を身に纏わなくとも自身、またはマスターが絡む勝負事となればとてもアツい。
また、年長ということと生来のキャラクターからみんなをまとめようとはしているが、どちらかというとまとめられている感は若干ある。
自身がワルキューレであるという自覚を持ち常にワルキューレらしくあろうとしているのだが、雷やオバケなどがかなり苦手だったりとそのあたりは「女の子」である。

普段はいつもマスターの傍にいて、主にマスターの好むものに対して興味を示すなど好奇心旺盛。
そして意外といろいろな人の話を聞いていて、それを覚えていたりしている(実家で母親がつぶやいていたダジャレなど)
日本を縦断するような長距離の旅行のお供をしたりなどをしたおかげで大の外出好きで、休日は近場であっても喜んでついて来たりする。
さらに、マスターの始めてのオフ会参加のときから共に参加しているためか、他の神姫との交流には積極的なご様子。

またバイクに対するアツいスピリットの持ち主でもあり、愛車のスズキGSX-R1000を手に入れ、最速の神姫ライダーを目指してライディングテクニックを磨いている。曰く「ラップタイム至上主義」なのだとか(これもマスターの影響であろう) セッティングなどの方向性はかなりの直感型。曰く「乗っているとある瞬間にピンと閃く」らしい。また、ライディングの経験を積むことによって「データロガーにも表れない細かな変化を感じ取りライディングスタイルの変更によって走りを変える」という天性に近い能力を開花させた。いわゆる「天才型」。

TEAM BLUE ONE RACINGではワークススペックのYZR-M1を駆り、TBORダブルエースライダーのひとりとしてチームを牽引する。ライディングスタイルはコーナリングを重視したスライドを最小限に抑えたスタイルである。
レーサーとして尊敬するのはMotoGPのバレンティーノ・ロッシ選手。レースでは彼への尊敬の念もこめて彼と同じゼッケン46番をつけている。

名前の由来は、ワルキューレということで北欧神話に登場する運命の女神から。


IMG_4174.jpg


アリア・K・エウクランテ(Aria.K.Eukrante)
TEAM BLUE ONE RACING レギュラーライダー(HONDA RC212V #27)
PROJECT SPRC 専任開発ドライバー(計画見直しにより現在活動なし)
愛車:Kawasaki ZX-10R(04年型)

我がチーム二番目の神姫。

さっぱりとした性格で、言いたいことははっきりというタイプの子。
そのため、ドジで間抜けでフラグメーカーなマスターがやらかすことに的確かつ冷静、そしてちょっと毒のあるコメントを提供してよくマスターを反省させている。
また、そんな性格のため実質的な神姫たちのまとめ役でもあったりする。というより、場合によってはマスターも含めてまとめている。本人曰く「メイド役」。
武装・非武装にかかわらず基本はクールな子。
曰く、「静かに燃えるタイプ」なのだとか。
また、かなりの面食い。ハリウッドスターであったりジャニーズ系アイドルだったり「男前」や「イケメン」という要素に割と弱い。

翼を持ち飛行可能なためか、マスターの趣味の中では特に飛行機、中でも戦闘機に対しての関心が強い。
また、以前Asama氏所有のバイクに乗せてもらったことからバイクを操る楽しみに目覚め、最近は愛車カワサキ・Ninja ZX-10Rをいかにスムーズに乗りこなすかを研究していて、バイクのライディング感覚のつかみ方などの点ではところによってはノルン以上のものがある。セッティングの方向性はノルンとは正反対のデータ重視タイプ。感覚とデータを経験によって刷り合わせ腕を磨いてきたいわゆる「努力型」。ただ、最近は経験を重ねることによって減っているが、データとタイムが結びつかない場合に少しセッティングの方向性に迷ってしまう癖がある。
さらにレースでのライディングスタイルはスライドを大胆かつ精密に活用する独特のスタイルで戦う。
数少ないクルマの運転に長ける神姫。チームに用意された真っ赤なBMW Z4のステアリングは大抵彼女が握っている。

TEAM BLUE ONE RACINGのレギュラーライダーとして、ホンダのRC212Vを駆りTBORダブルエースのもうひとりとしてチームを牽引する。コメント能力に長けるため開発ライダー向きである。
さらに、レーシングカー(主にGTや往年のグループC)の方にも興味を示しており、マスターが自身のための専用マシンを開発してくれることを楽しみにしている。それを踏まえ、オリジナルマシン開発プロジェクト"PROJECT SPRC"が正式スタートすると専任開発ドライバーに任命され、メインドライバーとしてマシンの戦闘力向上の重責を担う4輪部門のエースドライバーになる予定。開発ドライバーという重責を担うドライバーとして、SUPER GTの本山哲選手(日産GT開発ドライバー)を尊敬している。また、F1ドライバーではセバスチャン・ベッテル選手が、MotoGPライダーではレプソル・ホンダのケーシー・ストーナー選手が好みらしい。

セイレーンらしく歌を歌うことが好き。また、音楽を聴くのも好きでよくマスターとともに邦楽・洋楽問わずに聴いている。いつかみんなでバンドなどを組んで、そこでボーカルを務めることが夢だという。

名前の由来はセイレーンということで、クラシックなどの抒情的・旋律的な独唱曲の名前から。


IMG_4164.jpg

ユスティティア・K・V・アルトレーネ(Justitia.K.V.Altlene)
TEAM BLUE ONE RACING トラックエンジニア兼チーフメカニック/バイク部門・ノルン専属メカニック

我がチーム三番目の神姫。ニックネームは「ティア」

礼節・忠義を重んじ、誠実で正義感の強い、まさに「騎士道」という言葉がふさわしい子。
当初は自身の中でいろいろとギャップを感じていたようだが、自身なりに上手いところ折り合いをつけながらも「騎士道」精神を貫こうとしているようである。
稚拙でお粗末なトラブルを嫌い、いつも綿密に計画を練る我がチームのブレーン的存在。
普段はおとなしいのだが、たまに不甲斐ないマスターに対してお叱りを与えることも。

当初はノルン・アリアと満遍なく接していたが、アレニアがやってきた後は今まで発揮できなかった「まじめでしっかりもののお姉さんキャラ」をフルに発揮して積極的にアレニアを可愛がっている。正直ノルンとよりも姉妹しているかもしれない。普段はきっちりしているがアレニアに対しては若干甘いところも。
ちなみに、アレニアに「ティアお姉ちゃん」と呼ばれるのが非常に嬉しいらしい。

このアレニアとの姉妹のような関係は後にTBORでノルンの専属エンジニアとしてコンビを組むようになった際にノルンとの良好な関係を構築するきっかけとなっているようである。ノルンのマシンとメンタルを整え、チームでのエースとしての立場を支える立役者である。

最近バイオリンを始め、聞いてもらえるような演奏が出来るよう練習を重ねている。アリアの歌の伴奏をするのが目標とか。

バイクを乗りこなしたりレース自体などに対してはそれほどの興味はないようだが、チームを側面から支えようとは思っているらしく技術面の要であるトラックエンジニアと、バイク部門ではノルンのマシンのメンテナンスを担当する。技術面に関する知識量はチーム随一。後輩の育成にも力を注いでいる。

名前の由来は、ヴィオラがイタリア語で「紫」ということから、ローマ神話の正義の女神の名から。


IMG_2805.jpg

アレニア・K・T・アーンヴァル(Alenia.K.T.Arnval)
TEAM BLUE ONE RACING メカニック担当/バイク部門・アリア専属メカニック

我がチーム四番目の神姫。

素直な性格で、若干甘えん坊なところもある。
その甘えたい気持ちはマスターと同じくらい(か僅かに上)「お姉ちゃん」と呼んで慕っているティアのほうに向いている節があり、いつもティアの傍にいる。

そんな大好きなティアの下で動く「こと」が主な動機としてメカニックとしてチームに加入した。基本的にはティアの下で仕事をこなすがバイク部門ではアリアのマシンのメンテナンスを担当する。その経験を重ねることによってバイクなどに興味を持つようになったが、バイクに乗るつもりはないらしい。
チームではアリアとコンビを組んでいるが、若干遠慮しがちな性格であるため、たまにアリアのほうが主導権を握ってセッティングの方向性を決めていくこともあったりしたが、経験を重ねることによってそれも減ってきた。しかし今でもアリアが主導権を握っていることはたまにある。

名前の由来は後述しているが、飛行機はどちらかというと旅客機のほうが好みらしい。好みの機体はマスターとは違いボーイング737なのだという(マスターはボーイング747)

名前の由来は、アーンヴァルのモチーフになったとされるユーロファイター・タイフーンの製造請負企業のひとつアレニア・アエルマッキ社から。

IMG_0566.jpg

ユノ・K・アーク(Yuno.K.Ach)
TEAM BLUE ONE RACING レギュラーライダー(DUCATI Desmosedici GP08 #33)
愛車:DUCATI 1198

チーム5番目の神姫。帰省していた長崎から後を追いかけてきたり(宅配便で)、実は起動日がアリアと同じ9/10だったりといろいろとエピソードを持っていたりする。そのためアリアとはかなり仲がいい。

基本的な性格通り行動第一のどストレートな性格。
赤色にかなりのこだわりがあるらしく、乗っているマシンはレース用・公道用共に赤色で統一している。
ヂェリカン、特にレース後のニトロヂェリカンが大好き。ただ、レース後にニトロヂェリカンを飲みすぎると性格のリミッターが外れていつも以上にハイテンションになって大騒ぎする悪い癖があったりする。その姿はとある真っ赤なF1マシンで世界一を勝ち獲ったレーサーに似ていなくもないとはアリア談。

TBORでは当初はアリアのマシンのリザーブライダーとしてチームに加入したが、チームの方針転換でホンダではなくドゥカティのワークスマシン・デスモセディチGP08でチーム3人目のライダーとして走ることに。
ライダーとしての性格はどちらかというとアリアの「努力型」に近いが、アリア以上に感覚を大切にしてライディングするタイプである。ライディングスタイルは適度にスライドを活用するノルンとアリアの中間的(どちらかというとアリア寄り)なスタイル。
ただ、ノルン・アリアのマシンと比べてピーキーな特性を持つドゥカティのマシンに手を焼いているところはあるが、ドゥカティを乗りこなすことに現在は全力を注いでいる。

名前の由来は、世界三大レースと呼ばれるル・マン24時間耐久レースのコース、サルテ・サーキットに存在する公道を利用して作られたストレートの名前「ユノディエール」から。

IMG_0567.jpg

ハヤテ・K・飛鳥(Hayate.K.Asuka)
TEAM BLUE ONE RACINGメカニック担当/バイク部門・ユノ専属メカニック

チーム6番目の神姫。

ユノのレギュラーライダー昇格を受けてユノのマシンの専属メカニックとしてチームに加入。
性格はいたって真面目で、エンジニアとしてのいろはをティアから教わり独り立ちし、現在はTBORのユノの専属エンジニアとして活躍している。ティアとは性格が近いからか気が合うらしく、今でも定期的にエンジニアとしてのノウハウを教わる師弟関係にある。
エンジニア組では唯一自分用のミニバイクを持っている。ノルンたちとは違ってのんびりとバイクに乗って散歩することが楽しいらしい。本人曰く「そんなに急いでどこに行くの?」

名前の由来は、旧日本陸軍の戦闘機「疾風」と東北新幹線の新幹線の愛称「はやて」から。

IMG_1657.jpg

ネリス・K・ラプティアス(Nellis.K.Raptias)
アオザキ・レーシング・スクール エンジニアコース受講生

我がチーム7番目の神姫。

現在はチームメンバーとしては見習い扱いで、「アオザキ・レーシング・スクール」のエンジニアコースに入校し、エンジニアを目指して勉強中。

名前の由来は、「ラプティアス」ということで、F-22ラプターの運用試験が行われたアメリカ空軍のネリス空軍基地から。

IMG_1658.jpg

ファル・K・ストラーフ(Far.K.Strarf)
アオザキ・レーシング・スクール レーサーコース受講生
愛車:CBR600RR

我がチーム8番目の神姫。

次世代の神姫レーサーの卵として、現在スクールに入校、レーサーコースを受講中。

現在は育成ライダー扱いのため専用のレーサーマシンは用意されていないが、公道用にホンダCBR600RRを手にして走りこむという。

名前の由来は、ストラーフがロシア語ということでロシアのMiG-29戦闘機のNATOコードネーム「ファルクラム」からもじって命名。

IMG_1660.jpg

マリエッタ・K・A・ラプティアス(Marietta.K.A.Raptias)
アオザキ・レーシング・スクール レーサーコース受講生

我がチーム9番目の神姫。

次世代レーサーの卵として、現在スクールに入校し、レーサーコースを受講中。

ファル同様まだ専用のレーサーマシンは用意されていないが、公道用にBMW HP2 Sportを手にして走りこむという。

名前の由来は、「ラプティアス」ということでF-22ラプターの「生まれ故郷」であるロッキード・マーティン社の工場があるアメリカ・ジョージア州の地名「マリエッタ」から。


※蒼崎流名前の付け方

基本的にはフルネームは

<パーソナルネーム>.K.<タイプ名>

という風につけます。"K"はマスターの蒼崎一希(Aozaki Kazuki)の名前の頭文字をとったものです。
アルトレーネ ヴィオラのようなタイプ名の場合は、基本的なタイプ名の前にバリエーションネームを持ってきてその頭文字を表記するようにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。