スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫お出かけレポート vol.1 「(比較的)行き当たりばっ旅 南武・国立編 その2(武蔵境・国立編)」

というわけで、南武線に揺られて府中本町へ。それにしても南武線はカーブが多いね。

IMG_8201.jpg

府中本町にて南武線と武蔵野線の205系のツーショット。これから武蔵野線に乗り換え西国分寺へ向かい、そこから中央線に乗り換えあの油そばのお店のある武蔵境を目指します。


武蔵境に到着。すでに十二分にお昼時を過ぎているので油そばのお店「珍々亭」へ向かいます。

ノルン「ところでマスター、『油そば』って初めて聞いたのです」

というわけで初めて耳にしたって人もいると思うのでご紹介。

簡単に言えば「スープのないラーメン」で、どんぶりの底にわずかに入った醤油やラードの入った濃いタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけて、茹で上げた麺全体に絡めて食べます。
具はメンマ、チャーシューなど少量。店によっては「もんじゃそば」・「まぜそば」・「手抜きそば(コレどうよ? とは思うけど)」「あぶらーめん」などと呼ばれてたりするそうで。

実はこの「珍々亭」、油そばの発祥のお店のひとつといわれていて、すぐ近くにある大学の学生に流行して発展したとの説があるそうで。

アリア「で、なんでマスターが知ってるの? マスターの大学ここじゃないのに」

蒼崎「いや、ウチの親父が昔その大学に通っていて、よくここに通って食べていたらしい。それ自体は大分昔の話だけど、その味を忘れられなくて子供の頃に俺たちに通販で取り寄せて振舞ったぐらい好いてるからね。それで折角だから本場で食べてみようと来たわけ」


アリア「ふーん、じゃあマスターもそのお父さんも忘れられない味なんだ」

蒼崎「そういうこと」

というわけで、とりあえずなんとかお店までたどり着いたはいいものの、いざ入ろうというときに何か嫌な予感がした。財布を開く。


蒼崎「さっきのSDカードの緊急購入でお金使い果たしてた\(^o^)/」

ノルン「マスター、お願いだから何としてでも『天才フラグ建築士』は返上してほしいのです……」

わかってるよ!! 最大限努力してるんだよお願いだから俺の指握って悲しくなるような眼で俺を見ないでくれふたりとも!!


IMG_8209.jpg


というわけでATMがないかと探しているうちに気がつけば隣の東小金井駅まで出てしまったりと確実に迷走を続けながらもなんとかお金を降ろしてようやく珍々亭へ入店。お腹が空いてしょうがないので一番大きい特大サイズを注文。

そして出されたものをいざ口にすると……。

「あぁ……、これが親父の好きだった味か……。美味いわ……」

子供の頃に食べさせてくれた味そのままでした。特大の麺をとにかく啜って(ある意味)懐かしの味を堪能。
ちなみにお店の人にさっきの話をしてみたら凄く喜ばれました。

おいしくいただいてお店を後に。また来ますね。

いけね、腹減ってたのとわくわくしすぎて油そばの写真撮るの忘れてたわ。とりあえずどんなのかは調べてみてください。近場の人は是非とも来店を、遠い人は楽天で通販してるそうなので、どんなのだろうと思った方はぜひご試食あれ。美味ですぞ。

アリア「マスターってホント食べること好きだよね」

おいしい食べ物バンザイだな。うん。


さて、とにかくゴタゴタは起こりつつも南武支線・油そばとクリアしたので、是非とも最後の「鉄道総研」もクリアしたいところ。だが、もう秋の速い夕暮れにより大分陽が傾きつつある。というわけでサクッと国立まで移動して……、

IMG_8213.jpg

はい、鉄道総研へ到着~。正式名称・財団法人 鉄道総合技術研究所。日本の鉄道技術を支える大事なところです。

で、この正門前には「ひかりプラザ」というこの町のためのコミュニティ施設がありまして、そこには、

IMG_8214.jpg

アリア「これはさすがに分かるよ。新幹線でしょ?」

蒼崎「まぁ、ある意味正しいが正式には951形試験電車というんだ。国鉄時代に0系の次世代車両開発のために作った試験車です。ちなみにこれは2両編成でこの相方は今でも鉄道総研内で保管されてる。ここで展示前は研究所内で各種試験に使われてたんだよ」

ノルン「マスターの眼がキラキラしてるのです」

アリア「まぁ、大得意分野だからねマスターの」

IMG_8216.jpg

車内にはいくつか新幹線にまつわるものが展示されてます。これは試験車の速度向上試験での記録達成時に付けられたエンブレム。左側のがこの951形のものです。右側はそのあとに作られた961形の記録。

IMG_8218.jpg

IMG_8219.jpg

他にもマニアが思わず食いついてしまうような模型が……。上のは大分前に作られた次世代高速新幹線(SUS)の概念モデル。なんだか時代を感じさせるデザインがいい(少なくとも俺には

下は新幹線開発のために風洞実験を行ったときの実際の模型。コレを使ってあの0系のデザインが導き出されたわけです。


で、ここの一番のいいところはというと……、

IMG_8225.jpg

こうやって運転席に入れるところ!! 運転席、それは男の憧れが詰まった素晴らしいところ。そして高速で走る列車の頭脳となる大事なところ。ここを覗けてなおかつハンドル類を操作できるわけです。

IMG_8228.jpg

アリア「新幹線の運転ってここでやるんだ……。なんかハンドルとかスイッチとかいっぱいあるね」

ノルン「マスターのテンションが最大なのです」

そりゃテンションも上がるというものさ。ひとしきりハンドル類をいじって運転士気分を堪能したところでもうひとつのやりたいことの総研外周ウォッチへ移ることに。


ちなみにこの951形、

IMG_8230.jpg

こんな感じで置かれてます。なんか951形が木々の隙間から覗いてるみたいでカワイイ。



さてこの鉄道総研には、実験のために用意された普段の車両とは違った雰囲気を漂わす「ァャシィ」車両が存在するわけです。まぁこんなのに惹かれやすい性質でして、それをあわよくば撮影してしまおうということで、レッツウォッチング……、いやレッツスパイ活動!!

ノルン「スパイ活動はまずいと思うのですっ!!」

アリア「マスター、捕まえられたらさすがに助けられないよ?」

だ、大丈夫だ決して法に触れたり不審なことはしないから!!

……とは言ったものの、鉄道総研周辺は見事に住宅街。その中を望遠レンズつけた一眼レフぶら下げて何かを探しているような雰囲気漂わせながら歩いてたら確かに職務質問されてもおかしくなかったかもしれん……。

ここを読んでいる方で鉄道総研周辺に在住の方で↑みたいな人を夕刻目撃された方、それおそらく俺です(汗 お騒がせしました。

というわけでその楽しい楽しい(職質されないかのスリル的意味で)「スパイ活動」の成果をば

IMG_8234.jpg

まずはE231系っぽいステンレス地そのままの電車。ここしか見えなかったのでそれ以外は不明。

IMG_8236.jpg

恐らく新幹線(300系か?)のボディ。未塗装でどうやら絶賛放置中。

IMG_8238.jpg

通称「総研線」と呼ばれた中央線とつながっていた引込み線の跡。現在は高架化のために廃止されてます。

アリア「じゃあ電車はどうやってここから出すの?」

蒼崎「最近はシミュレーションが進化してあまり実車試験をしなくなったからね。必要なときは夜にトレーラーで搬出してるって」


IMG_8242.jpg

「ァャシィ」車両の中で一番まともに写っているのがこれ。先ほどと同じく300系のボディがベースと思われる試験車両。ドア横には"ATLAS"と思しきロゴが見える。とりあえず次世代新幹線のためのテストに使われていたっぽいというところまでは突き止めたもののそれ以上はさすがに分からず……。

さて、そうやってスパイごっこをしているうちに陽が落ち、予想以上に冷えてきたのでコレにて退却。そして……、

アリア「風邪引いたんだよね? マスター?」

体調管理には十分気をつけましょう。

ということで今回はここまでということで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。