スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道写真撮影記 0003レ 「東京駅に新幹線をぶらりと見に行く」

6月27日、この日は夕方のバイトまで時間があったので、「たまには新幹線見に行くのもいいなー」と思い立ち、ふらりと東京駅まで出かけてきました。

さて、電車で東京駅に到着し、入場券を購入して新幹線ホーム構内に入ると、どうも親子連れ、それも幼稚園生くらいの小さな子供連れが多い印象。なんだろなー、と思いながらホームをふらついていると。

「!?」

IMG_3612.jpg

隣のホームに「ドクターイエロー」923形T5編成が入線してきました。

狙っていたわけではなかとです。本人が一番驚きました。

IMG_3619.jpg

ドクターイエローに群がる親子連れの図。こういう場合、たいてい当の子どもよりも親のほうが熱心というか盛り上がっていたりするものです。

さぁこの中から未来の蒼崎(ェ は出てくるかなー?

さて親子連れがワイワイガヤガヤしている間に折り返しの準備を終えてドクターイエローは発車。

そして潮が引いていくかのごとく親子連れもホームからいなくなって「さーてもうのっけからクライマックス状態だなー」などと思いながらホームに入ってくるN700系などを眺めたり撮影していたりすると、

「!!!!????」

もうひとつある東海道新幹線ホーム越しに見えるJR東日本の新幹線ホームに顔を赤くペイントされた車両の姿を視認。

即座に連絡改札を潜り抜けてJR東日本側のホームへ急行すると、

IMG_3642.jpg

JR東日本の電気軌道総合試験車、E926系「East-i」がいました。

重ねて言いますが狙っていたわけではなかとです。本人が一(ry

実はEast-iとは初遭遇。ここまで東京駅到着から30~40分ほどの出来事。マジでのっけからクライマックスです本当にありがとうござ(ry

IMG_3644.jpg

タイミングよく隣の東海道新幹線のホームに700系が入線していましたので並び。

IMG_3648.jpg

そして先ほどのドクターイエローのときとは正反対の見学する人の少なさ。どのくらい少ないかというとEast-iとノルンのツーショットを全く問題なく撮影することができたくらいには少なかったですw

いや、この人気の格差はちょっと同情w(East-iに)

でも小学校低学年くらいの男の子がひとり「イーストアイだっ!!」とはしゃいでました。これは将来有望(ェ

IMG_3650.jpg

車体断面が在来線と同じサイズなのでこうやって台車の部分まで見えます。というか落っこちそうですいろいろと。

というわけでEast-iとの初対面は10分ほどで終わり、East-iは折り返して北上していきました。

もうなんかだいぶおなかいっぱいな感じでしたがせっかくだしと残っていたら、

IMG_3684.jpg

IMG_3686.jpg

東北新幹線開業30周年などを記念したE2系1000番台のラッピング編成(J53編成)がきました。



ちなみに今年は東北・上越新幹線開業30周年、山形新幹線開業20周年、長野・秋田新幹線開業15周年のJR東日本の新幹線のアニバーサリーイヤーの当たり年なのです。

この車両には東北をイメージしたスイカペンギンのイラストがちりばめられてます。

IMG_3687.jpg

温泉でまったり

IMG_3694.jpg

南部鉄器

IMG_3696.jpg

これは三陸海岸かな? というか君はペンギンでしょうがw

IMG_3699.jpg

松島と芭蕉

IMG_3706.jpg

鉄道博物館

IMG_3710.jpg

パンダとスイカペンギン

こんなイラストが編成中にちりばめられてます。女性などに受けそうです。

と編成にちりばめられたイラストを撮影しているうちに列車は回送となって発車していきました。

その後、

IMG_3728.jpg

白黒で撮影してみたり

IMG_3735.jpg

E5系と復元工事がほぼ完了した丸の内駅舎をからめてみたり、

IMG_3742.jpg

廃車が始まったE1系を撮影してみたりしたところで今回はここまで。いったん改札を出て地下の東京キャラクターストリートをぶらついた後バイトに向かったのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。