スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫おでかけレポートvol.10 「ノルンと横須賀デート 後編」

さて、美味しくカレーをいただいていたら、楽しみにしていた「横須賀軍港めぐり」に行こう、と思っていたのですが、ふと目に付いた「横須賀軍港めぐり」のポスターを見てみると、

『最終便 14:00』


( ゚д゚)ハッ!

腕時計はもう14時過ぎを指している……。

「やっちまったなっ!!」

ノルン「……」

あ、あはははー

orz

というわけで、気を取り直してそのカレー屋さんのご主人が教えてくれた、

IMG_3166.jpg

ヴェルニー公園を目指します。

写真はその公園にある海軍の碑。ここは開国からの海軍の街です。

IMG_3168.jpg

おー潜水艦やー。

ノルン「ホントにクジラみたいなのですね」

まぁ、身体が鋼鉄で出来てるクジラみたいなものだからなー。さて、これはどこの潜水艦だろう、海上自衛隊のなのか、それともアメリカ海軍のなのか……。
と思ったら後ろに旭日旗がはためいていたので海自のものですね。ごめんなさい僕潜水艦詳しくないのよね。

IMG_3170.jpg

おー、イージス艦だー。

ノルン「前に長崎で見たことありますね」

これはこの横須賀所属の「きりしま」だね。艦首に「174」って書かれてるから。

ノルン「イージス艦には詳しいのですね」

昔「亡国のイージス」って小説読んだ影響で、ちょっとね。

ノルン「なるほどなのです」

IMG_3176.jpg

こっちはアメリカ海軍のイージス艦だね。USS-82「ラッセン」、アーレイバーグ級のイージス艦だね。

ノルン「えーっと、微妙に違うのです?」

そうだねー。まぁ詳しく話し始めると長くなるので割愛ということで。

IMG_3177.jpg

これは……、なんだろう?

ノルン「なんでしょうね……」

(あとで調べてみたら「宿泊船」という宿泊のためのの船なんだとか)

このヴェルニー公園には無料の博物館があるということで見学。

IMG_3187.jpg

昔この横須賀の工場で使われていた蒸気式のプレス機だそうです。

ノルン「すごく古そうなのです」

実際古いみたいよ、作られて100年以上みたいだから。

ノルン「100年なのですか……。長いのです」

だなー。

さて、横須賀の海辺を堪能したところで、

IMG_3206.jpg

京急線に乗って次の目的地へ。

IMG_3211.jpg

浦賀に着きました。ここが泉岳寺から続く京急本線の終着駅です。

ノルン「マスター、この駅で流れるメロディーに聞き覚えがあるのです」

この浦賀の先の観音崎が初代ゴジラの劇中でゴジラがはじめて上陸した土地だそうで、それでこの浦賀駅の発射メロディーはゴジラのテーマなんだそうな。

ノルン「なるほどなのです」

さて、そこからバスに乗って15分行くと、

IMG_3212.jpg

IMG_3215.jpg

今日最後の目的地、観音崎に到着です。ここには浦賀水道の海上交通をコントロールする灯台があります。

IMG_3220.jpg

ノルン「海なのですー!!」

自然とテンションあがるよね。

IMG_3232.jpg

ノルン「マスター!! 海をたくさん船が動いてるのです!! やっほー!!」

それにしてもホントに多いな船の数。

ノルン「あれは小さい船なのですか?」

IMG_3269.jpg


いや、多くは大量の荷物を積んで海外からやってくる大型の貨物船だよ。ほら、例に漏れずここも距離があるから……。

ノルン「やっぱり距離があると大きさを把握しにくいのです」

それは言えてるな。

IMG_3237.jpg

ノルン「小さな海があるのです。何かいるのでしょうか……」

お、落っこちないでね(オロオロ)

さて、ちょっと砂浜のほうに行ってみようか。

ノルン「賛成なのです」

IMG_3240.jpg

ノルン「この視点から見ると海もまた違って見えるのです」

そうだなー、人間とはまた違った視点だからなー。

ノルン「あっ」

どうした?

IMG_3250.jpg

ノルン「これ、貝殻のかけらですよね?」

そうだな、海を漂ううちに砕けてここに流れ着いたんだろうな。

ノルン「……海のかけらなのですね」

そうやな。確かに海のかけらだな。

ノルン「マスター、これ持って帰ってもいいですか?」

いいよ。今日の記念だな。

ノルン「大切にするのです」


そのあとしばらくぶらぶらと海辺を散策して、気がついたらそれぞれ海を眺めてました。

IMG_3272.jpg

ノルン「今日はマスターとふたりっきりで楽しかったのです。みんなで仲良くもいいのですけど……、やっぱり、たまにはこうやってふたりっきりになるのも……。うーん、できればもうちょっとだけ……」

ノルン、となり、いいか?

ノルン「え? あ、はいなのです」

IMG_3296.jpg

今日は楽しかったか?

ノルン「はい、とっても」

それはよかった。もうすぐ出合って丸2年。最初はふたりだけだったけど、気がついたらもう9人も仲間が増えたからなぁ。なかなかこうやってふたりっきりって機会がないからな。

ノルン「そうですね」

最近はあんまり構ってやれなくてゴメンな。バイト始めて慣れてなくて忙しいし……。

ノルン「気にしないでくださいなのです。マスターの大切なことですし……」

ありがとうな。

ノルン「……マスター」

どうした?

ノルン「……これからも、ずっとマスターのそばにいるのです。マスターが辛いときも楽しいときも、ずっと」

当たり前じゃないか、家族なんだから。ずっと一緒だよ。どうしたのさ急に。

ノルン「急に、言いたくなったのです」

そっか。

これからもよろしくな、ノルンは僕の運命の女神なんだ。いてくれないと正直心許ない。

ノルン「プロポーズなのです?」

……そう受け止めておいてくれ。言ってる自分で少し恥ずかしいんだよ(赤面)

ノルン「顔真っ赤なのです」

夕日のせいだよ夕日の。

ノルン「太陽反対側なのですよ?」

いいから(真っ赤)

こうして観音崎でのひとときは過ぎていったのでした。



IMG_3309.jpg

さて、浦賀からもう一度京急線に乗って帰路につきます。

ノルン「レールが夕日色なのです」

キレイだな。

帰りに一旦京急久里浜駅へ。

IMG_3316.jpg

神奈川県の端っこから千葉県の端っこまで走り回る働き者の都営5300形。

さて、ここで本来の目的の2100形を待ちますが待てど暮らせど2100形は来ず……。
乗務員に聞いてみたら、

乗務員「このあとはラッシュだから車庫引っ込めちゃうよ?」

………かえろっか、ノルン。

ノルン「……はいなのです」

というわけで、前面展望のほうでは申し分ない600形が快特で来たのでコレに乗って一路品川まで帰ることにしました。

IMG_3324.jpg

最後に品川で切り離された1000形を流し撮りして駅の外へ。

ノルン「マスター、2100形は次のお楽しみなのです」

……せやな(遠い目)

そして駅の構内のお店でおいしいカキフライを頂いて、駅構内をふらふらと歩いていたら、

IMG_3327.jpg

ひとりのストリートシンガーの方に出会いました。

宮崎奈穂子さんという方だそうで、これまで長い間ストリートで手売りを続けて、今年の秋に武道館で単独ライブを開くそうです。

せっかくなのでと聴いてきましたが、温かみのある思わず聞き惚れてしまうきれいな歌声でした。

ノルン「……とってもいい歌だったのです」

そうだなぁ。今日はいろいろといいことがあったな。さ、かえろっか。

ノルン「はいなのです」

というわけで、いろいろホントにふたりは家路に就いたのでした。


(ちょっと時間がかかりすぎましたが、こんかいのおでかけの顛末はここまでということで)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼崎一希

Author:蒼崎一希
武装神姫・鉄道・飛行機・車・写真が好きな大学生。
お出かけ大好き。よく神姫たちと出かけたりしてます。

蒼崎 一希とは

当サイトはリンクフリーでございますが、リンクしていただいたときは一言連絡をいただけるとうれしいです。喜んでリンクしていただいた方のサイトへテイクオフさせていただきますので。

Twitterアカウント:Kazuki_Aozaki

ついったーもご自由にフォローしてください。

TEAM BLUE ONEの神姫たち

※ 当サイトに登場(特に神姫日記など)する組織名・会社名等は実在する名称のものとは一切関係ございません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。